妊娠中の貧血、症状や治療法について

妊娠中の貧血、症状や治療法について

貧血

妊娠が発覚して出産~赤ちゃんを育てる過程の中で大量の血液が必要です。基本的に、体は妊娠すると血液を増やそうとしますが、そもそも血を作る成分が不足していると、貧血を起こします。

今まで生理中にもそんな症状を経験していない女性も、体調の変わりやすい妊娠中にはご注意を。

ここでは貧血と鉄分の関係について説明していきます。

必見!これが「貧血のサイン」

◎階段を上ると、フラフラする

◎ずっと立ちっぱなしでいると、頭がくらむ。

◎すぐに疲れてしまう

◎朝が辛い。手足に冷えがある

貧血といえば「フラフラする感じ」というのが症状のイメージだと思いますが、上のように「気怠さ」や「手足の冷え」も血液が足りなくなったときに出てくる症状です。

実感したときには、すぐさま「鉄分」を補給して、改善を図りましょう。

こちらを参考に➝妊娠中期以降に不足する“鉄”を効果的に摂ろう!

食事とサプリメントで治す

葉酸サプリ

貧血に効く成分は、有名ではありますが、定番の「鉄分」です。
レバーが代表的な食材ですが、ある種の野菜にも含まれています。しかし、動物性の鉄分の方が吸収率が良いのでやはり肉類から摂るのがベストでしょう。妊娠中は、あまりこってりしたものを食べられないことも多いので、無理があればサプリメントから補給するのも選択肢となります。

最近では葉酸サプリというものが妊娠中の女性を中心に流行していますね。
葉酸サプリは妊娠時に必要な栄養素を補ってくれるの元気な赤ちゃんを出産するためにも必要なものなんです。 詳しくはこちら→http://xn--nckgn0lsdf8db7676k0d3bfxyasfg.com/
赤ん坊を抱えた体でフラフラしていては、ママも、子どもも危険です。貧血は深刻になるとおそろしい事態を招きかねないので、鉄分の補給には常に意識的でありましょう。
最近は葉酸だけでなく、鉄分やタンパク質、ミネラルといった栄養素も含まれた高品質の葉酸サプリメントを摂取することが流行になってきているようです。

鉄分は妊娠時に必要な栄養素

鉄分は妊娠時においてタンパク質の次に大事な栄養素と言われています。

鉄分には造血作用だけでなく、美容効果や女性の子宮環境を整える効果があると言われており、非常に重要なものなのです。

シミやしわを防ぐ効果、つまりエイジング効果も期待でき、逆にニキビや湿疹ができやすい場合は鉄分が不足しているとも言えるのです。

特に悪阻の時などは食欲がなくなり食べ物もあまり食べれなくなってしまうので鉄分不足になりがちです。

体調を崩さないためにも積極的に鉄分を摂取しましょう。